Rider Journal(ライダージャーナル)

特撮を愛するアラサー男子のブログです。主に仮面ライダーの感想や玩具レビューの記事を投稿しています。

『仮面ライダージオウ』47話感想 まさにディケイド2!融合する世界

スウォルツはソウゴに、3つの道のうち1つを選択するに告げる。「己を取るか、ツクヨミを取るか、オーマジオウの道を取るか」。
いずれを選んだとしても、何かを犠牲にしなければならない、茨の道。
果たしてソウゴはどの道を選ぶのか。

今週も『仮面ライダージオウ』第47話「2019:きえるウォッチ」の感想いってみましょう!


消えるウォッチ、各世界から現れる怪人たち

突如として現れた謎の壁。それは仮面ライダービルドの世界の2017年に存在した、スカイウォールでした。どうやら原因はビルドウォッチが壊れたことで、ビルドの怪人=スマッシュが倒されていない状態となったことになるようです。

ビルドの世界のみならず、ドライブの世界からも重加速を操るロイミュードが出現。
さらに、Wの風都タワーや鎧武のユグドラシルタワーまでもがこの世界に現れます。

あらゆるライダーの世界の怪人が次々と登場する様子は、『仮面ライダーディケイド』第1話「ライダー大戦」を彷彿とさせます。
さらにこの後の展開がディケイド感を助長させます。

 

ロイミュードの番人、チェイス登場

ロイミュードの群れから現れたのは、紫の装甲を纏った怪人、魔進チェイサーでした。
彼は人間態=チェイスになるも、ロイミュードとしての記憶しか持ちません。
クリム・スタインベルトから生み出されたこと、ロイミュードの番人・死神であることしか自覚がない様子。
ゲイツが詩島剛=仮面ライダーマッハの名を口に出すも、記憶にないの一点張り。ここにいるチェイスは、『仮面ライダードライブ』に登場したチェイスとは別者なのか…

しかし、仮面ライダーがいない世界からやってきたはずのチェイスが仮面ライダーを敵と考えていることに疑念を抱き、完全に本来の歴史と離れた存在ではないみたゲイツは、再び彼に剛の名を聞かせます。
すると、頭を抱え出し、自らが剛を庇ってゴルトドライブ/蛮野天十郎に葬られたことが脳裏によぎり始めます。

ちなみに、ゲイツがクリムや剛のことを知っていることから、『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』の後の時系列であると推察されますが、ウォズが劇場版内で破り捨てたはずの逢魔降臨歴を持っていることから、やっぱりパラレル?という感じがしますね。このあたりはのちのち明らかにされるのでしょうか。
もしくは本編の「ドライブ編」はVシネマで補完したりするのでしょうか。そうなると、「W編」「クウガ編」も期待ちゃいますねえ…

 

ツクヨミ(アルピナ)とスウォルツの時間軸の世界

ソウゴとツクヨミは門矢士の元へ訪れ、ツクヨミへの時間軸の世界へ向かいます。そこは、2058年、ツクヨミ(本名:アルピナ)とスウォルツが幼い時代です。
若きスウォルツによると、この世界はもうすぐ消える。そのためには他の世界を消す必要がある、と。そして、その手段として、各ライダーの世界を融合させると。

ソウゴが「妹が兄のお前よりも強い力を持っているとしたら?」と問いかけると、「記憶を消して追放する!」と激怒。ソウゴたちを攻撃し始めます。
そして、ツクヨミへの攻撃を士が庇い、命を落としてしまいます。

なぜ士はここまでしてツクヨミを守ろうとするのか?
まさかツクヨミは、スウォルツは士の孫なのではないかと、そんな風にも見えてしまいます。
士の世界はライダーの世界と平行する世界、ライダー大戦によってかつても一度なくなりかけたこともありました。
最近ではソウゴ=魔王の力を受け継いだ娘がツクヨミ、と見ていましたが、今回で士との関係が深いのではないかと思うようになってきました。
まだ何か謎が残されているのか、注目です。


これはディケイド2…

士が死んでしまった。
その時海東大樹が現れ、加古川飛龍から手に入れたアナザージオウⅡウォッチによって時間を修正、士を蘇らせます。

「一度死んだなら、なまこは食べられるようになったかい?」と尋ねる海東。『ディケイド』第9話で初登場した際にも海東は士のなまこ嫌いについて触れていましたね。

ただ、士が死んだのは一度目ではないはず。冬映画の第一弾、『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』において、光夏海が変身する仮面ライダーキバーラによって命を落としており、その際も海東、夏海、小野寺ユウスケの願いによって一命をとりとめています。

閑話休題。
士が蘇り、海東がアナザージオウⅡウォッチに自我を乗っ取られてしまいます。
ここから、完全に番組が『仮面ライダーディケイド2』になります!笑

士はソウゴにディケイドライドウォッチを渡すよう要求。
ライドウォッチを起動し、まさかのディケイドへの変身を成し遂げてしまいます。
なんと、半分の力をライドウォッチに仕込んでおいたとのこと。

そしてついに、ディケイドはジオウへカメンライド。
『ディケイド』においても仮面ライダーナイトに対して「コウモリにはコウモリだ」と言って、仮面ライダーキバにカメンライドしていました。目には目を歯には歯を戦法がお好きのようで。

グランドジオウとの共闘の末、アナザージオウⅡを撃破。海東も正気に戻ります。
しかし、ジオウの変身が解け、グランドジオウライドウォッチが消えてしまいます。
また既に時空の歪みは進行し、あらゆる世界の怪人たちが暴れまわる事態に。

士は一言、「この世界を破壊する」。

あれ、この番組ってディケイドが主役でしたっけ。。

 

次回、ソウゴは最後のタイムトラベルで、オーマジオウの元へ向かいます。果たしてその目的は?
そして、チェイスは改心し、仮面ライダーチェイサーとなるのか?注目です。
あと2話か…全然実感がないですが、どんな結末になるか楽しみです。

 

 

キャラクタースリーブ 『仮面ライダードライブ』 魔進チェイサー (EN-273)

キャラクタースリーブ 『仮面ライダードライブ』 魔進チェイサー (EN-273)

 

 

S.H.フィギュアーツ 魔進チェイサー 約145mm ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア(初回特典付)

S.H.フィギュアーツ 魔進チェイサー 約145mm ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア(初回特典付)